九星気学の傾斜法で運勢や性格をチェック!

結婚の運気をあげる方法

女神像

結婚運はほんの少し自分自身を変えることで劇的に運気をアップすることが出来ます。結婚運アップに向くメーキャップやアクセサリーの選び方、言葉による結婚運アップの方法や、天然石の選び方などについて調べておくことが、恋愛においては重要です。

Read More

落ち着いた生活

電話

電話占いが当たると感じた方は、不安な事があると再度利用するケースが多いです。誰にでも気軽に話せる話題ではない事だからこそ、占ってもらいながら助言もしてもらいたいと感じる方が多いです。そのため、カウンセリング効果を実感する方も多いです。

Read More

安心する事も可能です

占い

誰にも言えない相談や悩みを、吐き出す事ができるのが電話占いです。当たると感じる事でまた試してみたいと思う方は増えています。ストレスになって体に支障をきたす前に、電話占いで占ってもらう事を選択する方は多いです。

Read More

内面的性格を知りたければ

女の人

隠れた才能や欠点を知る

九星気学では生まれ年によって人の運勢を9つに分ける本命星と生まれた月で分ける月命星の2つがあります。この二つからその年の運気や幸運を呼ぶ吉方位などがわかります。自分がどの星に属しているかを知ることで運命の傾向を知ることができるのです。九星気学では本命星と月命星はその人の外面的な性格を表すのですが、人がもって生まれた内面的な性格は九星気学の傾斜法と呼ばれる方法で占うことができます。傾斜法を簡単に言うと、自分の本命星が生まれた月の九星図のどの宮にいるのかを調べること、ということになります。九星気学で本命星を使った運勢の占い方をご存知の方は多いのですが、傾斜法による占い方はあまり聞いたことがないと思います。傾斜法により先天的な性格を知ることで自分で気づかなかった才能や欠点を知り、開運に利用することができます。

どうやって調べるのか

傾斜法の具体的な占い方は以下の通りです。まず本命星と月命星を調べ、月命星を中心にした九星図を書きます。九星気学で登場する九星には基本的な方位が決められていて、方位ごとに特有の性格が定められています。九星図の中央の九星が変わると周りにある八つの星の配置も変わります。九星図の方位は八つに分かれ、易の八卦で用いる8種類の文字で表されます。九星図の中から自分の本命星がある方角を割り出せば方角に対応する傾斜星が分かるのです。例えば、本命星が三碧木星で月命星が六白金星の場合、中央が六白金星の九星図で三碧木星がある方角は南西になります。南西の方角に対応する傾斜星は坤宮になるので、坤宮傾斜の性格や人生の傾向を調べればいいのです。因みに坤宮傾斜の性格は真面目な努力家だが、決断力に欠けて苦労性であるとされています。